社長メッセージ

グリーンズの夢 わたしの夢

ホテル業界を取り巻く環境は、アジア圏新興国の経済発展に伴う訪日観光客(インバウンド)の激増や団塊世代による国内旅行の活性化、観光先進国に向けた様々な法改正、地域での取り組みなど大きく変化しようとしています。

私たちも、この大きな変化に対応し、新しい可能性にチャレンジしていかなくてはいけません。

しかし、新しい変革期を迎えるにあたり、その中心になるのは、今までのグリーンズを作ってきた社員だけではなく、新しい人材や新しいアイデアを持った新しい世代の人材であるべきだと考えています。

グリーンズには創業以来、年齢や社歴といった慣習や社内のピラミッドを平気で壊す文化があり、その時々で意欲と熱意を持った社員が活躍してきました。

現在も40代を中心とした新しい役員を中心に、20代エリアマネージャーの誕生、時代や環境の変化に合わせた、海外ブランドとの提携や先駆的なホテルマネジメントシステムの導入など、新しいことに積極的にチャレンジしています。

そして、2017年3月には株式の上場(東証・名証 2部)も果たし、これからもわたしたちは安定した基盤のもと、更なる成長、新しい挑戦をし続け社会に貢献していきます。

私の夢は、60年培ってきた「グリーンズの良さ」を文化として残しつつ、20年・30年と発展し続ける会社として成長することです。

グリーンズの未来は、誰かが決める未来ではなく、全ての社員に機会があり、意欲を持った人材が新しい手法とアイデア、そして情熱をもって作り上げていくものだと信じています。

人こそがすべての財産

ホテルを運営するすべてのノウハウは社員の頭の中にあります。

それゆえに、わたしは「人」こそが全ての資産だと考えています。

会社にとって最も大切な資産である、優れた人材が最大限に力を発揮するために、従業員に対し「人事の公平性」を約束し「短期間で成長を実感できる教育研修制度」を整え、社員が20年後、30年後も「安心して仕事ができる基盤」となり、夢や希望を実現するために「常にチャンスとポジション」を用意し続ける。

会社がこれらを実践することで、優秀な社員が集まり、安心して長く働くことができ、実力を十分に発揮でき、会社の成長をともに分かち合い、実感できる魅力あふれる会社になると考えています。

就職活動されている方へ

わたし自身、入社以来、仕事だけでなくプライベートにおいても、色々なことに興味を持ち、チャレンジしてきました。

最近でも、時間をやりくりしながら、菜園つくりやマラソンなど新しいことに積極的に挑戦し、話題のVRテクノロジーなど技術の進歩や社会の新しい話題に興味がつきません。

もちろんうまくいったことばかりではありません。

しかし、色々なことにチャレンジしていく中で、楽しみや苦しみ、智慧や経験、人との出会いなど、貴重な体験の数々が今のわたしを形作っていると考えています。

新しい世代の方たちには、是非色々なことに興味を持ち、積極的にチャレンジして欲しいと考えています。

そして、わたしは、その良き理解者であり、応援者でありたいと考えております。